健康-naviにようこそ

生活習慣健康を維持するためのポイントは何でしょうか?様々な点が挙げられますが、「健康のための常識」となっているようなことを確実にこなしていくことが重要です。

健康保持のための要点を少し説明しましょう。

生活習慣を正す

生活の乱れは、万病の原因です。長年、だらけた生活をしていると生活習慣病になってしまい、「取り返しのつかない」事態になりかねません。

正しい生活習慣とは…
・睡眠時間を十分に確保する
・毎日少しでも良いので、身体を動かす
・食事は適量に保ち、栄養バランスにも気を遣う
・ストレスを溜めすぎない、適度に発散する
等です。

定期健診も忘れずに

医者健康だから病院にはめったにいかない、という方は突然重い病にかかってしまうという場合もあります。普段病院に行かないので、病気の発見・治療が遅れてしまうのです。このような事態を防ぐためにも、定期的に健康診断を病院で行ってもらうようにしましょう。年に1度程度は、人間ドックにも行くようにしましょう。

できることなら、かかりつけの病院を見つけて、体調不調で気軽に相談に行けるようにしておくといいでしょう。薬・病院は健康に悪いというイメージがあるかもしれませんが、あまり避けていると逆に不健康になってしまう場合もあるんです。

髪の健康も大切に

特に男性は、年齢とともに生え際や頭頂部から髪が薄くなっていき、おじいちゃんになる頃にはおでこと頭頂部の薄毛がつながって、しまいには頭のてっぺんはツルツルという人もいらっしゃいます。

このような方の多くは、男性型脱毛症(AGA)を発症している場合が考えられます。AGAの特徴は、額の生え際の薄毛、頭頂部の薄毛で、側頭部や後頭部は薄毛になりにくいという事です。

女性にもこの症状が起こる方がいらっしゃいますが、男性ほど顕著ではありません。これは一般的にはFAGAといいます。

最近ではこのAGAに治療薬が開発され、全ての人に聞くわけではありませんが、多くの人の生え際や頭頂部の薄毛が改善されるという成果が出ています。

ただ残念なのは、女性には効果が無いばかりか、胎児に悪影響があるため使用してはいけないことになっています。

おでこの後退や頭頂部の薄毛に悩んでいる人は、一度病院で検査を受けて、医師と相談してみてはいかがでしょうか?